まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

ピックアップ モノづくりニュース記事一覧(15 ページ目)

コクヨ×資生堂、親子で楽しむ「香り」づくりのワークブック 画像
雑貨

コクヨ×資生堂、親子で楽しむ「香り」づくりのワークブック

 コクヨは、自分のイメージで好きな香りをつくって遊べる「香りのワークブック」を11月18日発売する。混ぜ合わせる7種の香りペーストを資生堂が監修した、本格的な調香師体験キットだ。

資生堂の調香師 中村靖子さんに聞く、子ども向け「香りのワークブック」ができるまで 画像
ピックアップ

資生堂の調香師 中村靖子さんに聞く、子ども向け「香りのワークブック」ができるまで

 コクヨが販売する子ども向けの香りの絵本「香りのワークブック」。今回は、本商品の監修を務めた資生堂の調香師である中村靖子さんに、商品開発についてや調香師という仕事について伺いました。

文具や家具をニットで包むアートイベント「Hello! KOKUYO & LUMINE」を開催 画像
ピックアップ

文具や家具をニットで包むアートイベント「Hello! KOKUYO & LUMINE」を開催

 ifs未来研究所によるコミュニティ&カフェスペース「WORK WORK SHOP」では、10月30日から11月3日まで「Hello! KOKUYO & LUMINE」を開催する。

受賞作を商品化…気持ちを伝える「和ごむ」ができるまで 画像
ピックアップ

受賞作を商品化…気持ちを伝える「和ごむ」ができるまで

 水引の蝶結びをモチーフにしたゴムバンド「和ごむ」。「コクヨデザインアワード2013」で優秀賞を受賞した作品から生まれたこの商品は、どのように作られているのか、その製造過程をご紹介。

方眼紙を使った彫刻作品で表現された意味とは? by 飯田竜太 画像
文房具

方眼紙を使った彫刻作品で表現された意味とは? by 飯田竜太

 「コクヨのコウコク・ギャラリー31」で紹介されている本作品は、アーティストユニットNerholの飯田竜太さんによるものです。作品名は「gap  ーズレー 」。

親子ユニットのアーブル美術館、大型個展「大々贋作展」を初開催 画像
ピックアップ

親子ユニットのアーブル美術館、大型個展「大々贋作展」を初開催

 パルコは、10月30日~11月16日の期間、渋谷・パルコミュージアムにて、注目の親子三人組アートユニット「アーブル美術館」の初の大型個展「大々贋作展」を開催する。初公開となる新作も含めた、古今東西の名画を模倣した個性的な贋作50点が展示される。

徹底した仮説と検証…穴をあけずにとじる「ハリナックスプレス」開発秘話 画像
ピックアップ

徹底した仮説と検証…穴をあけずにとじる「ハリナックスプレス」開発秘話

 新しいタイプの「ハリナックスプレス」は、なんと穴をあけずに紙をとじられるんです。どうしてそんなことが可能になったのか。「ハリナックスプレス」の開発秘話をコクヨ株式会社ステーショナリー事業部の長谷川草さんに伺いました。

遊園地×モノづくり…「グッジョバ!!」でゲームをクリアしてノートづくりに挑戦 画像
ピックアップ

遊園地×モノづくり…「グッジョバ!!」でゲームをクリアしてノートづくりに挑戦

 モノづくりが体感できる新遊園地エリア「グッジョバ!!」が2016年3月、よみうりランドに誕生する。文具エリアではコクヨとのコラボレーションにより、アスレチックをしながらノート作りを知ることのできるアトラクションが誕生する。

穴あけパンチとチラシで昆虫採集 by 大図まこと 画像
ピックアップ

穴あけパンチとチラシで昆虫採集 by 大図まこと

 作者が子どものころに身近にある事務用のパンチを使って紙に穴をあけて遊んだ記憶から、絵を描く方法を考えて作られたものです。標本箱も身近なものから作成されており、見事な作品になっています。

「色名のない絵の具」を数量限定発売…自由な発想でお絵かきを楽しもう 画像
文房具

「色名のない絵の具」を数量限定発売…自由な発想でお絵かきを楽しもう

 色名からくる固定観念をなくし、自由な発想でお絵かきを楽しむことができる「キャンパス 水彩絵の具<なまえのないえのぐ>」が10月中旬、コクヨS&Tから発売される。混ぜたり薄めたりして、自分だけの色を作ることで、子ども本来の持つ創造力や感性を刺激してくれる。

思わず息を飲む! カッティングマット活用の作品作り by 尾関幹人 画像
文房具

思わず息を飲む! カッティングマット活用の作品作り by 尾関幹人

 「コクヨのコウコク」とは、Webサイト「コクヨショーケース」で掲載されている「さまざまなクリエイターが独自の視点で、クライアントすらちょっと無視して(?)、勢いと面白さだけで商品広告を作ってしまう」作品です。

  1. 先頭
  2. 7
  3. 8
  4. 9
  5. 10
  6. 11
  7. 12
  8. 13
  9. 14
  10. 15
  11. 16
  12. 17
Page 15 of 17