まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

2018年4月のピックアップ はたらくニュース記事一覧

自由に動くオフィスチェアー「ing」を体感…4/26-5/25中目黒蔦屋 画像
家具

自由に動くオフィスチェアー「ing」を体感…4/26-5/25中目黒蔦屋

 コクヨは、身体の動きに合わせて座面が前後左右360度自由に動くオフィスチェアー「ing(イング)」の体験イベントを2018年4月26日から5月25日まで、中目黒 蔦屋書店で開催します。「ing」の心地よさを実際に体感できます。

オススメ1選!クリヤーホルダーの新しいファイリング術 画像
文房具

オススメ1選!クリヤーホルダーの新しいファイリング術

ビジネスシーンでよく活用するクリヤーホルダーをそのままバサッと差し込んで持ち運べる優れもファイルのご紹介。

書類の「ちょっとだけ追加」を叶えるクリヤーブック「FITUS」と「Cofitus」 画像
文房具

書類の「ちょっとだけ追加」を叶えるクリヤーブック「FITUS」と「Cofitus」

 書類をきれいに見やすく収納できるクリヤーブックですが、まだ入れたいのにポケットが空いていないという経験をお持ちの方も多いでしょう。そんなときに便利なコクヨのクリヤーブック「FITUS」と「Cofitus」をご紹介します。

持ち運びやすいハサミがこんなに便利だったなんて! 画像
文房具

持ち運びやすいハサミがこんなに便利だったなんて!

 日常生活で「切る」場面は意外と多く、ハサミはあると便利な文具の1つです。でも、かさばりがちなのが難点…。そこで今回は、ペンケースやポケットにすっぽり入るハサミをご紹介します。手軽に携帯できれば、いつでもサッと取り出せて心強いですよ!

ちょっとの工夫が嬉しい!封筒やファイルが収まるデスクトレー 画像
文房具

ちょっとの工夫が嬉しい!封筒やファイルが収まるデスクトレー

 コクヨのデスクトレーは封筒やファイルがピッタリ収まる最適ワイドサイズ。書類を封筒や個別フォルダーで仕分けして収納が出来ます。これまで入らなかったサイズのクリヤーブックやファイルも入り、効率的に整理・分類が可能です。

味わい深い滋賀の魅力をカタチにしたノート~開発者はミタ!滋賀を愛する「ReEDENヨシ物語」その7 ~ 画像
文房具

味わい深い滋賀の魅力をカタチにしたノート~開発者はミタ!滋賀を愛する「ReEDENヨシ物語」その7 ~

滋賀を愛する紙製品開発者のコラム!今回はReEDENの新製品“オウミノカタチ(近江のかたち)”をテーマにした「ノートブック〈ReEDEN PREMIUM Shiga〉(リエデン プレミアム シガ)」。開発時のこだわりと一緒に余すところなく語ります。

太線・細線・二重線が引ける!3way蛍光マーカー「ビートルティップ」 画像
文房具

太線・細線・二重線が引ける!3way蛍光マーカー「ビートルティップ」

 啓蟄も過ぎいよいよ春本番。活動を始めた虫たちにちなみ、カブトムシ(ビートル)の角(ティップ)のように二股に割れたペン先が特徴的な蛍光マーカー「ビートルティップ」を紹介します。

ワークスタイル研究所「ワカハラ所長の理系愛」~円周率を色で表すと~ 画像
ピックアップ

ワークスタイル研究所「ワカハラ所長の理系愛」~円周率を色で表すと~

 コクヨワークスタイル研究所のワカハラ所長がその理系愛をさまざまな表現で発信していく実験的コラム。今回は「新しい理系的表現」の一つとして、円周率のような無限に続く無理数を色で表してみます。

1枚ずつ飛び出すカラーラベル活用術…分類作業や子どもの遊びに便利! 画像
文房具

1枚ずつ飛び出すカラーラベル活用術…分類作業や子どもの遊びに便利!

 カラーラベルをご存知でしょうか?テープを引くだけで、色の付いた丸型のシールを1枚ずつ取り出せる文房具です。台紙から1枚ずつシールをはがす手間や、使い終わってフィルムパッケージに戻すといった手間から解放される、地味だけど便利な進化文具です。

新生活も怖くない。ヒーローに学ぶ環境への適応方法 画像
文房具

新生活も怖くない。ヒーローに学ぶ環境への適応方法

新たな環境に馴染むための第一歩は自分に必要なものを選ぶこと。状況に応じたものの使いわけを映画アイアンマンから学ぶ、東十条王子のコラム。

ハーモニーは観てつくる?!「ハモる×はたらく=?」hamo-labo品川#5 画像
ピックアップ

ハーモニーは観てつくる?!「ハモる×はたらく=?」hamo-labo品川#5

「目には観(かん)の目と見(けん)の目とがあるが、観の目をつよくし、見の目は弱くする。離れたところの動きをはっきりとつかみ、また身近な動きにとらわれず、それをはなして見ることが兵法の上で最も大切である。」

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2