まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

まなび、はたらきに小さな発見
文房具・雑貨・家具のニュース情報サイト

教育に関するニュースまとめ一覧

ニュース一覧

受験生のサポート、母親が1番大変だと感じることは? 画像
ピックアップ

受験生のサポート、母親が1番大変だと感じることは?

 受験生の子どものサポートで母親が1番大変だと感じることは「体調管理」が最多であることが、明光ネットワークジャパンが2018年12月13日に発表した調査結果より明らかとなった。

【センター試験2019】2次出願シミュレーション「インターネット選太君」デモ版公開 画像
ピックアップ

【センター試験2019】2次出願シミュレーション「インターネット選太君」デモ版公開

 駿台予備学校とベネッセコーポレーションは2019年1月23日、大学入試センター試験の自己採点結果から2次出願をシミュレーションするシステム「インターネット選太君」のリリースを開始する。1月18日まではデモ版を公開している。

平成開始の良かった制度1位は学校週5日制、ゆとりは? 画像
ピックアップ

平成開始の良かった制度1位は学校週5日制、ゆとりは?

 平成時代に開始された制度・取組みで、開始されて良かったと思うものは、「学校週5日制」が12.2%ともっとも多かったことが、大和ネクスト銀行が2018年11月21日に発表した調査結果より明らかになった。

社長が幼少期によく遊んだ玩具はボードゲーム、習い事は? 画像
ピックアップ

社長が幼少期によく遊んだ玩具はボードゲーム、習い事は?

 全国の社長のカード付きポテトチップス「社長チップス」を提供するESSPRIDEは、「社長の幼少期」をテーマにした「社長脳内リサーチ」を実施。調査結果を発表した。社長の生まれ順や幼少期によく遊んでいたおもちゃ、幼少期の習い事などから「社長の脳内」に迫る。

夏休み宿題・自由研究大作戦…初代大賞は小4「Let’s make my 納豆!!」 画像
ピックアップ

夏休み宿題・自由研究大作戦…初代大賞は小4「Let’s make my 納豆!!」

 日本能率協会(JMA)と小学館の学習雑誌「小学8年生」は2018年11月15日、共催で創設した「第1回夏休み宿題・自由研究大作戦大賞」の各受賞者を決定、発表した。初代大賞に選ばれたのは、納豆を稲ワラからすべて手作りした小学4年生の作品「Let’s make my 納豆!!」。

2018年Xmasのおもちゃトレンドは「サプライズ&プログラミング」 画像
ピックアップ

2018年Xmasのおもちゃトレンドは「サプライズ&プログラミング」

 日本トイザらスは2018年11月5日、2018年クリスマスのおもちゃトレンドを発表した。例年高い人気を誇る「キャラクター玩具」が今年も引き続き人気。「サプライズ・トイ」と「プログラミング・トイ」が新たなトレンドとして注目されている。

「しゅくだいやる気ペン」ひみつの企画会議に21組の親子が参加 画像
文房具

「しゅくだいやる気ペン」ひみつの企画会議に21組の親子が参加

 コクヨは2018年10月27日、日々の筆記量を見える化するIoT文具「しゅくだいやる気ペン(仮)」について、一般ユーザーの意見を製品開発に反映することを目的としたイベント「ひみつの企画会議」を開催しました。

AR・バイリンガル機能など搭載「しゃべる地球儀シリーズ」新商品 画像
ピックアップ

AR・バイリンガル機能など搭載「しゃべる地球儀シリーズ」新商品

 ドウシシャは2018年10月下旬、付属のタッチペンで地球儀をタッチするだけで1万3,000以上の各国の情報を学べる「しゃべる地球儀『パーフェクトグローブ エクサー』」を全国の量販店などを通じて発売した。メーカー希望小売価格は3万円(税別)。

子ども見守り「腕時計型スマホ」追跡機能・防犯ブザー搭載 画像
雑貨

子ども見守り「腕時計型スマホ」追跡機能・防犯ブザー搭載

 Glotureは2018年10月24日、GPS搭載の腕時計型スマートフォン「myFirst Fone」を販売開始した。リアルタイムGPS追跡機能や音声通話・ビデオ通話機能、SOS防犯ブザー機能などを搭載し、子どもの安全を守る。価格は2万1,600円(税別)。

絵本ナビ、定期購読サービスに「おねだり機能」登場 画像
ピックアップ

絵本ナビ、定期購読サービスに「おねだり機能」登場

 絵本の情報・通販サイト「絵本ナビ」は、絵本の定期購読サービス「絵本クラブ」において、支払いを祖父母に依頼する「おねだり機能」のサービスを開始した。

英検、AIによる自動採点を導入…2019年度から 画像
ピックアップ

英検、AIによる自動採点を導入…2019年度から

 日本英語検定協会(英検協会)は2018年10月17日、2019年度から実用英語技能検定(英検)と英検CBTにおいて、通常採点と並行して、AIによる自動採点を導入すると発表した。AIの活用により、採点の時間短縮や精度向上などが期待でき、2019年度第1回検定から導入を開始する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 12